のんびり中国語
minmincat.exblog.jp
中国語学習の記録あれこれ。最近はちょっとトーンダウン。。。
by minmin-cat
プロフィールを見る
画像一覧
ブログトップ
<   2005年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧
|
|
2005年 10月 31日 |
中国語教室の友人が、周杰倫のCDをダビングしてくれました。
アルバムのタイトルは「Initial J」。映画「頭文字D」の日本公開に合わせてリリースされた、日本デビュー作ということだそうです。
ちょうど「頭文字D」を観てきたばかりの私にとって、これはまさにグッドタイミング。
周杰倫の話題はあちこちのブログで目にしてきて、今アジアで超人気の歌手だということは知っていましたが、アルバムを通してじっくり聞くのはこれが初めて。

で、全体的な感想を言うと、かなりいいかも!
歌詞カードの解説(これもコピーしてもらった)によると、彼の音楽のテーマは「東洋の真珠」ということらしい。ヒップホップとクラシックの融合だとも述べてありました。この辺りは、私がこの春ハマっていた「sweet box」に通じるものがあるなあ。

1曲目を聞いた瞬間からぐいぐいと彼の音楽の世界に引き込まれていった私。
なぜならその1曲目というのが、数週間前のテレビ中国語で流れていて気になっていた曲「可愛い女/可愛女人」だったから。さらさらと心地よく流れていくメロディが耳に残っていたので、このアルバムの出だしでいきなりかかった時には「おお!」と感激しました。

このアルバム内にはいろんなタイプの曲が収録されていて、なかなか飽きない構成になっていると思います。ラブソングばかりでないところがイイ。中でも私が気に入ったのは、「東風破」「七里香」「一路向北」。
「一路向北」は実は頭文字Dの挿入歌だったらしい。ほんとに!?吹き替え版ではあの曲はかからなかったはず。でもたしかにこの曲は、周杰倫が涙を流しながら車を走らせるシーンにピッタリ。なぜ吹き替え版では曲まで別なものに吹き替えてしまったのだろう。。。ということは、エンディングで流れて私が気に入ったAAAの歌も、オリジナル版では周杰倫の歌が流れていたのね・・・

あらためて、DVDが観たくなってしまいました。

ともかく、多くの人が「周杰倫は凄い!」と言っているのがわかるような気がしました。たしかにあの作曲のセンスは素晴らしい。歌もそれなりに上手い。テレビ中国語のインタビューで「僕はいい曲を作る自信がある」と言っていたのもうなずけます。
しばらくはこのアルバムをかけながら勉強することにしよう!
[PR]
by minmin-cat | 2005-10-31 23:36 | 音楽 |
2005年 10月 29日 |
今回も、スキットの聞き取り(会話のみ)に挑戦。短い文ばかりだから、大丈夫だと思うのだけど・・・どうかな?

王くん:你喝什么?(何を飲む?)
林さん:我喝咖啡。(私はコーヒー)
王君:噢,咖啡。(コーヒーね)你要热咖啡,还是咖啡?(ホット?アイス?)
林さん:我要热咖啡。你呢?(ホット。あなたは?)
王くん:我...我喝这个。(僕はこれ)
林さん:哪个?(どれ?)
王くん:牛奶。(ミルク)
林さん:牛奶?(ミルク?)
王くん:对。我要牛奶!(そう。ミルクください!)
林さん:你呢?(あなたは?)
李さん:我...?(僕・・・?)
李さん:什么都不要。(何もいらない)

王くん:林小姐,你喜欢吃蛋糕吗?(林さん、ところでケーキ好き?)
林さん:非常喜欢!不过...(大好き!でも・・・)
林さん(心の声):唉,正在减肥呢...(ダイエット中だから・・・)
李さん:欸,他好像也没有钱。(おい、彼女もお金がないみたいだぞ)
王くん:没关系!今天我请客。(大丈夫!今日は僕のおごりだ)
李さん:太好了!那我也要咖啡(よしっ!じゃ僕もコーヒー)
李さん:还要蛋糕!巧克力蛋糕!(それからチョコレートケーキ!)


それから仮免ハスラーのコーナーでは、忌まわしい「有気音と無気音」の区別についての説明が再び登場しました。(春の放送の時も、ここでボヤいてしまった私・・・)
bo-poやde-teの音の区別は、日本語の清音・濁音の区別とは違うので気をつけるように、と改めて注意する陳淑梅先生。「deが『ダ』にならないようにして下さいね」
は、はい。。。dは濁音じゃない、dは濁音じゃない。あれ、ところで英語においてはdとtの区別はどう説明されてるのかな?
[PR]
2005年 10月 28日 |
中国語にも方言はいろいろありますが、もちろん日本にも方言は数多く存在します。
小さな島国なのに、よくまあこれだけバラエティに富んだ方言が存在するなあと思うくらいです。
東北の人と九州の人が方言で会話したら、ほとんど通じないかもしれません(大げさ?)。

その方言が今年に入ってからちょっとしたブームになっているといいます。
東京の女子高生が会話やメールにわざと方言を取り入れて楽しんでいる模様をテレビで見たのは、春頃のことだったでしょうか。とても驚いた記憶があります。
方言、なまり、これらの言葉にはどちらかというとマイナス的なイメージがあったので、地方出身者の私としても肩身の狭い思いをしてきたのですが・・・やっと、日の目を見る時が来たのか!?

いや、流行は一過性のものだし、そう長くは続かないんでしょうね・・・。(^_^;)

でも、たとえ一時的なものであったとしても、方言に興味を持ってもらえて、楽しんでもらえることはやはり嬉しいもの。

以前からちょくちょく見て気に入っていた、「マシューTV」内の「なまり亭」コーナー。
芸能人が普段テレビでは封印しているお国言葉をじゃんじゃん披露してくれるのですが、方言で家族や友人と話す姿はとてもリラックスしていて、見ていてなんだか微笑ましいです。ルールで禁止されても、やはりお国の人と話す時はその土地の言葉に自然となってしまうもの。
私も自分と同郷の芸能人がそのコーナーに出ているのを見ると、とても懐かしい気持ちになります。

女子高生たちは、恐らく方言そのものがかっこいいと思っているのではなく、方言を取り入れる事自体に新鮮さを感じているのでしょうが、それでも、この流行がきっかけで方言へのイメージが変わっていってくれればいいなと思います。方言で話した時、「おまえなまってるぞー」ではなく、「その言葉かわいいねー」という反応が返ってくるように。

ちなみに私は少しだけ関東に住んでいたことがありますが、その時は言葉についてあれこれ言われた事はほとんどありませんでした。それが今、北海道に来てからは、出身地を言うと「あれ、なまってないんですね~」と驚かれることが度々あります。意外と関東人の方がよくわかってらっしゃる。
でも、かえって最近はわざと方言を使いたくなる今日この頃。とりあえずターゲットは旦那なのですが、会話にいろいろな方言を織り交ぜては困らせています。(^_^)そのうち洗脳できるかな??
[PR]
by minmin-cat | 2005-10-28 23:01 |
2005年 10月 26日 |
先週の木曜日、「頭文字D」を観に行ってきました。久々の映画館♪
もう最終日間近だったということもあり、私を入れて観客は4人だけ。でもその4人がみな近くに固まっていた・・(^^;)まあ、誰でもいい席で観たいもんね。

この映画は原作が日本の人気コミックとのことですが、私は読んだことがありません。よってどんなストーリーかは全く知りませんでした。
事前に知っていたのは周杰倫(ジェイ・チョウ)鈴木杏が出演しているということ、それから「藤原とうふ店」。(笑)
これだけの情報を頭に置いて観ました。不本意ですが、吹き替え版です。

結論から言うと、なかなか面白かったです。
車のお話だったのですが、車に興味のない私でも楽しめました。不安だった吹き替えも、思ったほど違和感なし。テンポよく進むストーリーにのめり込み、あっという間に時間が過ぎていった感じです。「ハチロク」「GTR」「アキナサン」という言葉がすっかりインプットされてしまったよ・・・
ただ、周杰倫が高校生役というのはちょっと無理があるのでは・・・。鈴木杏ちゃんならピッタリだけど、彼女と並んだ時、同じ高校生にはとても見えませんでした。

個人的に気に入ったのは陳冠希(エディソン・チャン)黄秋生(アンソニー・ウォン)。二人ともいい味だしてたなあ。黄秋生なんて目つきがやけに色気があって、ただの飲んだくれにはとても見えなかった。
他には余文樂(ショーン・ユー)というスターも出演(後で知りました)、もしかしてこの映画、大スター揃い踏みだったのかな?あっそういえば、阿部力くんはいったいどこに出演していたのでしょう?気がつかなかった。。。

後日、周杰倫が車に寄りかかっている写真記事を見たダンナ、「これ、ハチロクでしょ」(ダンナは映画を観てません)。そんな有名な車だったの?わかる人にはもっと楽しめたんだろうな。

ちなみに映画のラストは、なんかちょっとすっきりしなかった。続編があってもいい感じがします。もしかしてそれを念頭に作られたのかな。
テーマ曲はAAAの「BLOOD on FIRE」。スカッとして気に入ったので、早速CSの番組から録音しちゃいました♪
[PR]
by minmin-cat | 2005-10-26 14:36 | 映画 |
2005年 10月 25日 |
すっかり遅れがちのテレビ中国語。追いつきたいのになかなか追いつけないでいます。

下半期は同じ内容の復習になるわけですが、今回からは「关键句24」のコーナーの聞き取りに挑戦したいと思います。
スキット全部を書き出すのは大変なので、会話文のみ。
テキストを見れば正しい文が書いてあるのだろうけど、買うつもりはないので(^^;)・・・間違いがあれば教えていただけると嬉しいです。

王くん:林小姐,你好!(林さん、こんにちは)
林さん:噢,你好!初次见面!请多关照。(こんにちは。初めまして、よろしく)
王くん:人倒难道是日本人?(もしかして日本人?)
    ↑ここ、非常に自信なし。
李さん:你是日本人吗?(日本のかたですか?)
林さん:对。我是日本人。(ええ。私は日本人です)
     我姓林。(林といいます)叫林美树。你们呢?(林美樹です。あなたたちは?)
李さん:不会莫非真是.....(まさかホントに・・・)
王くん:真是日本人!?(日本人なの!?)
李さん:我不是日本人,我是中国人。(僕は日本人じゃなくて中国人)
王くん:我也是中国人。(僕も中国人です)
林さん:以后请多关照。(よろしく)
王くん:请多关照。
李さん:请多关照。


仮免ハスラーのコーナーでは、単母音の発音を復習。
「うがいをする感じで」とか「鏡で歯をチェック!」など金子くんのたとえが面白かった。
自分の言葉で表現できて、しかも発音もよければ言うことなし!確実に上達してるんだなあ、金子くん。
[PR]
2005年 10月 22日 |
昨日から始まったドラマ「花より男子」、早速見ました。

感想としては、まあ、思っていたより悪くなかったな~という印象。
台湾版とは設定の違いが少し見られましたが(舞台が高校になっていたり、つくしに弟がいたり)、特に違和感は感じませんでした。・・・というより、もしかしてこちらの方が原作に沿っているのかな?
つくし役の井上真央ちゃん、これはハマってるかも。大Sより庶民っぽさがよく出ていたと思います(けなしているわけではない)。
ママとパパもテンション高過ぎ、なんてこともなかったし(笑)家族愛を思わせるいいシーンもありました(^^)

肝心のF4に関しては、、道明寺だけがちょっと「・・・」だったかな(^^;)
(あくまでも私個人の感想ですので^^;)
線が細いせいか、あまり威圧感を感じないし。。。メイクも濃いような気がするのは、気のせい?
見ていくうちに慣れることに期待しよう・・・。
花沢類は、わりと台湾版とイメージが近いような気がしました。でも服装は全然違うけど(笑)

字幕に「松嶋菜々子」とあったので、どこに登場するのかと思って見てましたが、最後まで気づかず。後でHPで見てみたら、道明寺のお姉さん役で出てくるのですね。果たしてどんなケリを入れるのかな(笑)

なにはともあれ、学園ものだしテンポよく進んでくれるといいな。かといって、あまりにもエピソードを省かれてもつまんないけど。
いや~、久々に日本のドラマを見ることになりそうです(いつもBSやCSの海外ドラマばっかり見ているので)。
[PR]
by minmin-cat | 2005-10-22 23:36 |
2005年 10月 21日 |
いよいよ今夜から、日本版「花より男子」が始まります♪
台湾版とどう違うのか、じっくり見比べてみるつもり。(=^_^=)
服装もどんな感じか、気になるしね。お願いだから、初回からガッカリ、なんてことにはなりませんように!

さて、前回の中文日記で使った、または教わった単語です。
花样滑冰(huāyàng huábīng フィギュアスケート)
项目(xiàngmù 項目)
魅力(mèilì 魅力)
魄力(pòlì 迫力)
跳跃(tiàoyuè ジャンプ)
旋转(xuánzhuǎn スピン)
舞步(wǔbù ステップ)
目不转睛(mù bù zhuǎn jīng 目を凝らす、じっと見つめる)
有趣(yǒuqù おもしろい、興味がある)
选手(xuǎnshǒu 選手)
关注(guānzhù 感心を持つ、強く心を引かれる)
列举(lièjǔ 列挙する、並べあげる)
出场(chūchǎng 出場する)
举办(jǔbàn 行う、開催する)
显示(xiǎnshì 示す、表す、見せつける)
期待(qīdài 期待する、待ち望む)
技巧(jìqiǎo 技、テクニック)
活跃(huóyuè 活躍)
到底(dàodǐ 果たして、いったい)


【メロパメモ。】
今まで獲得したアイテム・・・椰子の実、白チューリップの球根、カラフルフラワーのタネ、紫カタツムリ
ネギボーズを咲かせてみたいんだけど、これってどんなアイテムゲットすればいいんだろ~。
【エキサイトブログメモ。】
今まで、エキサイトリンクはブログを開設した順番に表示されてたと思うのだけど、最近そのシステム変わったのかな?まあ、大した問題ではないのですが。
[PR]
by minmin-cat | 2005-10-21 01:01 | 単語 |
2005年 10月 17日 |
以前「氷上の華麗なる世界」でも書きましたが、私は大のフィギュアスケート好きです。
フィギュアスケートを中国語では「花样滑冰」と言いますが、お気に入りの選手たちを漢字でどう表記するのかが気になって、ちょっと調べてみました。以下、久々の中文日記です。日記と言えないくらい簡単なものですが、間違いがありましたらビシバシご指摘していただけると嬉しいです。

【ユウさんに添削していただきました。ありがとうございました。m(_ _)m】
【水神さんにも添削していただきました。ありがとうございます(*^_^*)】

喜欢从以前从以前就喜欢看花样滑冰。
花样滑冰有男子单人滑、女子单人滑、双人滑、冰舞(「的」はいらない)4项目,哪个都有各魅力各有魅力。                 
                            [每个项目都有各自的魅力]→こちらの方がより中国語らしい言い方になる
有动人的力量跳跃或华丽的旋转和舞步,哪个都把我的眼睛钉住。服装也是乐趣的1个。               
有魄力的跳跃、华丽的旋转和舞步,让我目不转睛。服装也是有趣的1点。
                                     [有趣的看点]
我喜欢的选手有很多,尤其特别现在现在特别关注的选手是・・・
                 
男子单人滑・・・・・普留申科(俄罗斯)、桑德胡(加拿大)、威尔(美国)
女子单人滑・・・・・艾.斯卢茨卡娅(俄罗斯)、荒川静香(日本)、萨.科恩(美国)
双人滑・・・・・申雪/赵洪博(中国)、彼得洛娃/吉洪诺夫(俄罗斯)
冰舞・・・・・纳夫卡/克斯托马罗夫(俄罗斯)、贝尔宾/阿格斯托(美国)

等等。其他有很多,在这里不写
          [在这里就略过不写了]あるいは[在这里就不再写出了]
并且在上面我我在上面列举选手的大部分,预计也会出场明年举办的都灵奥林匹克运动会也出场的事被预想
[并且我预计在上面列举的大部分选手都会在明年举办的都灵奥林匹克运动会上出场]
他们在大舞台显示怎样的演技,从现在非常乐趣就非常期待
[他们会在这样的大舞台上表现出怎样的技巧,我从现在开始就非常期待呢]こういう表現にすべき。
当然我也期待着日本选手的活跃。特别日本的女子!到底被选代表的3人是谁?我很介意好奇

日本語文はこちらです。
[PR]
2005年 10月 13日 |
テレビ中国語、ようやく10月の第1週分を見ました。
ほんとに4月の最初のシーンから始まっていました。復習は大事だと思っているけれど、また自己紹介の挨拶からかぁ~。さすがにちょっとげんなり。(^^;)でもちゃんと見ましたが。
金子くんは半年前と雰囲気がそれほど変わったとは思わないけど、熙寧くんはまだ固い感じだったなぁ。陳淑梅先生などこの半年でずいぶんお綺麗になられて・・・ 

とはいえ、全く同じものの再放送というわけでもなく、後半10分くらいは新しいコーナーになっていました。発音は何度やってもやり足りないことがないので、仮免ハスラーのコーナーは助かります。
そして最後は金子くんのインタビューコーナー。ゲストはジェイ・チョウこと周杰倫。私ははっきり言って名前と顔くらいしかよく知らないのですが、とても活躍している大スターなのですね~。若いのにものすごく成功しているではないですか!
しかし納豆を食べさせるのはちょっと可哀相だったかも。。。人によっては機嫌を損ねかねない企画ですよね^^;

ちなみに周杰倫が主演している映画「頭文字D」、こちらでは21日までの上映なので早く見に行かねば・・・(EP3も絶対見る!と言っておきながら見逃してしまいました)
ただ、吹き替え版しかやってないのがかなり不満~。聞いた話によると、「日本のコミックが原作だから、日本語の音声で聞かせるのが自然だ」とかなんとか言って字幕版を公開してないとか。そんな無茶苦茶な。吹き替えが悪いとは言いません。しかし原作は日本でも、制作した国の映画なんだから、その国の言葉(=中国語)で聞かせてくれる字幕版があって当然だと思うのですが。本人の声で聞きたいよー。


メロパメモ。
アイテム機能が復活したと聞き、早速アイテム集めにチャレンジ。ようやく1つめ「椰子の実」をゲットしました。ブログに反映させたら、メロウィンドウにヤシの木が生えました(^^)
[PR]
2005年 10月 10日 |
以前書いた記事のコメント内で、中国語の早口言葉を教えていただきました。(その記事はこちら
せっかくなので、ここでご紹介したいと思います。米米さん、ユウさん、ありがとうございました。^^

四十是四十(sìshí shì sìshí )
十四是十四(shísì shì shísì )
不要把四十说成十四(búyào bǎ sìshí shuōchéng shísì )
也不要把十四说成四十(yě búyào bǎ shísì shuōchéng sìshí )


吃葡萄不吐葡萄皮(chī pútao bùtǔ pútao pí )
不吃葡萄倒吐葡萄皮(bùchī pútao dào tǔ pútao pí )


和尚端汤上塔(héshàng duan tang shàng tǎ )
塔滑汤撒汤烫塔(tǎ huá tang sǎ tang tàng tǎ )


ああ、難しい。舌を噛みそう・・・。でもこういうのって、面白い。昔英語の早口言葉も習ったけど、やっぱり難しかったっけ。
そもそも私は日本語の早口言葉も苦手なのだった。ドリフの早口言葉のコーナーは好きだったのだけど(^^;)
そういえば台湾の番組で、仔仔とVANNESSが早口言葉を言わされるコーナーがあったそうです。VANNESSはアメリカ人だから上手く言えないのはわかるけど、仔仔もターゲットにされるとは。。。どんな番組だったのか見てみたかったな~。
[PR]
by minmin-cat | 2005-10-10 23:56 |
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
金魚2 Skin by Sun&Moon