のんびり中国語
minmincat.exblog.jp
中国語学習の記録あれこれ。最近はちょっとトーンダウン。。。
by minmin-cat
プロフィールを見る
画像一覧
ブログトップ
<   2005年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧
|
|
2005年 09月 30日 |
このブログで初めて3列配置のスキンにしてみました。
デザインも秋らしくて私はなかなか気に入っているのですが、いかがでしょうか?

これは素敵なスキンをいろいろと作成・配布されていらっしゃるSun&Moon Blogさんからお借りしてきたものです。エキサイトブログのスキン編集について調べ回っていたら、偶然たどり着きました。2列配置、3列配置とも素晴らしいデザインのものが豊富に揃っています。設置の仕方も丁寧に説明して下さってるので、パソコン音痴の私でも設置できました♪
私も自分でこのようなスキンを作成できればいいんですけどね・・・

この後は、メロパの設置にトライしてみたいと思います♪すでに設置されてる皆さん、私もつけたらぜひお友達になって下さい(*^_^*)
[PR]
by minmin-cat | 2005-09-30 22:35 |
2005年 09月 28日 |
土曜日の登山について、中文日記を書いてみました。
追記:米米さんに添削していただきました。米米さんありがとう!

それにしても、間違いだらけでお恥ずかしい・・・直すのも大変だったでしょうね^^;

上星期的星期六,我爬山了。
爬上了的山的名是“旭岳”。是在北海道最高的山。标高2290米。
爬的那座山名叫“旭岳”。
首先从我家向山脚。约1个小时以后了。
      前往山脚下
または、先从我家出发,约1小时后就到了山脚下。という言い方も。

由于来到红叶的正好看的时候,从早上开始众多的观光客、登山客人热闹
   此时是观赏红叶的最佳时节      就有许多观光客和登山的人,非常热闹。
我到半山腰乘空中吊车移动(←了はいらない)对变成红叶的美丽的山的景色,从周围欢声起了(的が多すぎ!)
看到山色如此美丽,大家都(高兴地)欢呼起来。

然后我终于爬山开始爬山了。最初天气很好,不过,渐渐变阴视野坏了。又为了因为运动不足,我马上呼吸断了我变得呼吸有些困难。


2个小时后,我总算到达了顶峰!自我的预料早点到达了!比我预料的早到了。
很遗憾,从顶峰完全没可以看见。山顶很冷了。雪也积着了。
      从山顶上往下看什么也看不见。山顶很冷,还积着雪。


然后我下山了。完全累得筋疲力尽了。天气不太好,不过,到达了顶峰的时候高兴,是途中的疲劳也消散的心情。这个是登山的深奥的妙趣。
到达顶峰时的高兴驱散(消散)了旅途的疲劳感。这就是登山的雅趣吧。

日本語での内容はこちらです。
[PR]
2005年 09月 27日 |
スピーチ大会で印象に残ったことをいくつか書いておきます。

・若い参加者たち
今回は、高校生の参加が目立ちました。市内のとある高校で中国語を学ぶ学生さんたちです。まだはじめて3ヶ月ということでみなさん発音はたどたどしく、区切る場所も適当で先生は正直「何を言っているのか、さっぱりわからなかった」のだそうですが、でも私の3ヶ月だった頃を思うと、こういう大会に参加すること自体、とても素晴らしいと思いました。
(私が3ヶ月の頃は、まだピンインも読めていなかった)
彼らがこのまま学習を続けていったら、数年もたたないうちに自由自在に使いこなせるようになるのは間違いない!ぜひとも頑張っていってほしいものです。

・かわいい参加者
若さパワーをふりまいた高校生たちより、もっと若い参加者がおりました。
なんと、7歳の女の子です。しかも弁論の部に出場!ピンクのチャイナドレスを着て堂々と自己紹介のスピーチをしていました。(私はずっとその子は審査員の先生か誰かのお子さんだと思っていました^^;)
でも声調もしっかりしていて言ってることもちゃんと伝わるし、何も見ないで最後まですらすらと話し終えた彼女は見事、準優勝となったのでした。彼女が今回の主役だったといっても過言ではありません。テレビのインタビューも受けてたし。

・中国人のみなさんの素晴らしい文章力
今回は、中国人の方による日本語スピーチ部門に、3人のエントリーがありました。私はこの部門を見るのは初めてです。
日本語の学習歴は2~5年ということでしたが、みなさんとてもお上手で、感心することしきりでした。しかし何よりも感動したのは、その文章内容のすばらしさです。みなさんお若いこともあり、夢と希望にあふれた内容ばかりでした。また、故郷への想いを詩的な文章で表現したりと、もう私はただただ、うっとりして聞いていました。
スピーチ大会は文章内容を問うものではないのですが、それでもこのような素晴らしい内容のスピーチを聞くと更にいっそう胸に響くものがあります。
果たして私が中国語であのような文章を書ける日はくるのだろうか・・・日本語での文章力もないからなあ。。。
[PR]
2005年 09月 25日 |
スピーチ大会、無事に終わりました。

今日は朝から緊張して、ろくにご飯ものどを通らない状態でした。
あまり早く会場に着いても緊張が高まるだけなので、開始時刻の15分前に着けばいいやと思ってのんびりしていたのですが、いざ家を出ると、なんと我が家の車の前によその車がデーンと停まっています。これじゃあ車を出せないよー!(運転するのはダンナだけど)
車の主が戻ってくる気配がないので、仕方なくタクシーで会場に向かいました。ほんとにムカつくー!!それとも、のんびりしていた私が悪いのか。

会場に着くと、もうすでに関係者の挨拶が始まっていました。
渡されたプログラムを見ると、参加者は朗読の部が10人、暗唱の部が3組、弁論の部が4人、それから中国人による日本語スピーチもあって、その弁論の部に3人。
私の出る暗唱の部はたったの3組。寸劇風に小道具も交えて発表を行った3人組と、漢詩を披露した男性、そして私。例年はもっと多くの人が出場しているのですが、今年はどうしたのでしょう。。。なんだかちょっと寂しいような。

続きはこちらです。
[PR]
2005年 09月 25日 |
何年ぶりかに登山をしてきました。

北海道は大雪山系の旭岳です。ちょうど今が紅葉の見頃ということで、大勢の登山客で賑わっていました。

麓は良いお天気だったのですが、山はあいにくの曇り空。視界が悪い中での登山となりました。
2千メートルちょっとの山なので難易度的にはそれほど高くないと思うのですが、日頃の運動不足が祟り、私にはかなりしんどかったです。(^^;)子供でも楽しげに登っていたというのに。やはりトシかしら。。。

山頂付近にはもう雪が積もっていました。手袋を忘れた私は、手がかじかんで凍えそうになっておりました。でもなんとか頂上に到着!全くなにも見えなかったけど、達成感は味わえました。

下山になると余裕も出て、明日のスピーチの練習をしながら休憩なしで一気に降りることができました。途中ですれ違った登山客には変な目で見られたけど、気にしない!この時は不思議なほど頭がクリアになっていて、練習もものすごくはかどりました。今ここで本番だったら、どんなによかったことか!

しかし家に帰ると疲れが一気に出て、ダウン。
ご飯はなんとか食べましたが、もう後は何もする気力もなく・・・
山の写真もいっぱい撮ってきたので、ここでその紹介がてら中文日記を書きたかったのですが、今その気力がありません。後日、改めてアップしたいと思います。
明日(もう今日ですね)は筋肉痛と闘いながらのスピーチとなりそうです。ちゃんと壇上に上がれるのかしら。。。
無事になんとか終えられますように。
[PR]
by minmin-cat | 2005-09-25 00:30 |
2005年 09月 22日 |
中国語教室に通っていて、つくづく感じること。

「学習年数と、発音の上手さは全く関係ない」

例えば今、入門クラスには2人の生徒さんがいます。一人は1年中国に滞在した経験あり、もう一人は全くの初心者なのだそうですが、レベル的にはどちらも同じくらいだそう。そして発音に関しては、なんと滞在経験なしの女の子の方がずっと上手いのだと先生が話していました。

最初が肝心とはよく言いますが、まさにこのことなんだなあと思いました。
はじめに正しい発音を習得していれば、その後がかなり楽なことでしょう。。
会話をする時、文法を間違っていてもなんとか通じさせることはできるけど、発音が悪いと通じるはずのものも通じなくなってしまいます。

特に、中国語では声調がとても大事といいます。
今、スピーチ大会に向けての練習のため、先生に私の発音を聞いてもらう機会が増えているのですが、声調を間違えるとすぐに注意されます。あとそり舌を忘れてもすぐチェックが入ります。余程この2つを間違うと聞き心地が悪いのでしょう。

私が目指すのは「使える中国語をマスターすること」。もちろん正しい文法もきちんと覚えたいですが、まずは誰にでも通じる発音を身につけたい。すでについてしまった悪い癖を直すのは簡単ではないけど、正しい発音をマスターしておけば、広い中国のどこへ行っても安心なのではないかと。

自分の発音の弱点も見えてきたので、スピーチ大会が終了したら、今度は基礎からもう一度発音を見直してみようと思います。「ぼーぽーもーふぉー」から練習しなくちゃ。。。
[PR]
by minmin-cat | 2005-09-22 01:30 | 発音 |
2005年 09月 21日 |
先週の中国語。あまりにも遅くなったので、こっそりとアップ。
この回がどうやら半年コースの最終回だったようです。金子くん、お疲れさま!
でも番組はまだあと半年続くわけで、今後は改めてキーフレーズを1から見直していこうと思います。復習も大事ですよね!

第24課のキーフレーズは、
Ràng nèige rén gěi wǒmen zhào ba
让那个人给我们照吧。(あの人に撮ってもらいましょう)

今回は、「~させる」という使役の表現を学習。
1.使役の動詞「让」の使い方。
主語 + 让 + 人 + 動詞
例:妈妈我擦桌子。(お母さんは私にテーブルをふかせた)
2.否定形は、「不」や「没」を「让」の前に置く。
例:爸爸不让儿子抽烟。(お父さんは息子にタバコを吸わせない)
3.「~のために」という時は「给」を使う。
例:他买礼物。(彼のためにお土産を買う)
「给」は「あげる」という意味の動詞でもあるが、ここでは「~のために」という前置詞になる。

你买了一个礼物。(私はあなたに1つプレゼントを買ってきました)
你念一下。(あなたにちょっと読んであげましょう)
请你我拿眼镜。(私にメガネを取って下さい)

山田切蔬菜。(山田君に野菜を切ってもらいましょう)
不让金子切蔬菜。(金子君には野菜を切らせません)

让 + A + 给 +B + 動詞 で「BさんのためにAさんに~させる」という意味になる。
我们照相。(彼に私たちの写真を撮ってもらいましょう)

以后我还要常来这个店呢!(これからもたっぷりお世話になるわよ!)←マダムの最後のセリフ。こう聞こえたのだけど、合ってるかな?
[PR]
2005年 09月 20日 |
毎日スピーチの特訓中~。

ああ、もうあと5日を切ってしまいました。。。それなのにまだ完璧に覚えていない。大丈夫なのだろうか・・・

この間先生に発音を注意された単語。

舒适(shūshì )
要求(yāoqiú )
筷子(kuàizi )
挎上(kuàshang )
圆珠笔(yuánzhūbǐ )
是否(shìfǒu )


要求は、要が4声になりがちとのこと。筷子、挎上は「ua」の発音が不明確になっている。
舒适、圆珠笔、是否はそり舌がお留守になりがち。
うーん、まだまだ全然ダメじゃない。。。
それにスピーチの後半になると、疲れてきてそり舌を忘れてしまいがちになります。「xi」の方が楽だからね~。最後まで気を抜かないでそり舌音を意識しないと。

あと心配なのが、本番で頭が真っ白になってしまうこと。
最初に覚えた前半部分でさえ、時々忘れて出てこなくなることがあります。(脳力がかなり低下している・・・)とにかく、最初の一文が肝心。これだけは、なんとしてもすらすらっと言いたい!

「科学技术的进步,物质产品的丰富,使人们的生活越来越舒适。」
[PR]
2005年 09月 19日 |
昨日は用事があって札幌に行って来ました。(例によってとんぼ帰り・・・)
札幌駅に降り立つと、構内が異様な雰囲気に包まれていました。
大勢の人だかり、ついたて、そして何人もの警備員さんたち・・・
みんな、なんだか期待感に満ちた表情に見えます。

「いったい何があるのだろう?」
のぞこうとすると、「はい、立ち止まらないで進んでくださーい!」
どうも芸能人かなんかのイベントが行われるような雰囲気。田舎モノの私としてはとても気になったのですが、誰かに訊く勇気もなし、急いでいたこともあり、そのまま駅を後にしたのでした。

そして今日。中国語学習仲間のお友達と会っていろいろお話をしたのですが、札幌での出来事を話すと「もしかしたらVannessのイベントだったのかもよ~」。
なんと、今F4のVanness(呉建豪)がF4展のイベントのために札幌にやってきているというのです。
私はF4ファンというわけではないけど、もし間近で彼らを見るチャンスがあったら、きっと行ってしまうと思います(ミーハーなもので。。。^^;)。

うーん、あの駅のものものしさはVanness目当ての人だかりだったのか?
でも男の子の姿も結構見えていたような・・・やっぱりあれは違うイベントだったのでしょう。
しかし、F4展って一体どんな事やってるのかな。せっかく札幌に行ったのだから、見てきたかったな~。


ところで、10月からドラマ「花より男子」がスタートします。
流星花園があれだけアジア中でヒットした後に、日本版ができるとは思ってもみませんでした。
中華圏のサイトでもすでに話題になっているとか。(キャスティングについては、結構酷評が多いそうです。まだ始まってもいないのに・・^^;)
台湾版と比べられるのは必至ですが、どんな感じなのか私も気になります。これは是非見てみよう!
ちなみに流星花園はまだ最後まで見ていません~。今シゲルって子が出てきてかき回してくれてるとこ。この後どうなるのかな~。早く続きが見たい!
[PR]
by minmin-cat | 2005-09-19 21:14 | ドラマ |
2005年 09月 17日 |
Lingua Lingo/外国語学習日記」のるもんがさんから、調味料バトンがやって来ました。お料理のブログで見かけていましたが、まさかここにも来るとは。驚きつつも、面白そうなので挑戦してみます。

Q1.次のメニューにどんな調味料をかけますか? 薬味は含みません。
(普段ほとんど食べないメニューは省略しました)
目玉焼き・・・・・塩こしょう   
納豆・・・・・しょうゆ+からし     
冷奴・・・・・しょうゆ     
餃子・・・・・しょうゆ+酢+ラー油     
カレーライス・・・・・チリペッパー(たまに)
ピザ・・・・・タバスコ     
トマト・・・・・塩+粉チーズ    
サラダ・・・・・ドレッシング    
カキフライ・・・・・タルタルソース or オイスターソース  
コロッケ・・・・・中濃ソース   
天ぷら・・・・・塩    
とんかつ・・・・・中濃ソース   
ご飯(おかず無しの時)→マヨネーズ or バターしょうゆ or 生卵としょうゆ

Q2.周囲に意外だと驚かれる、好きな組み合わせはありますか?
うーん、特に思いつかないなあ。後で思いついたら、こっそり書き足しておきます(^^;)

Q3.それが一般的なのだとは知っているが、苦手な組み合わせはありますか?
試したことはないけれど、生ハムメロンとやら。生ハムもメロンも好きだけど、同時に口の中には入れたくない!

Q4.バトンをまわしたい5名は誰ですか?
ぜひ挑戦してみたいという方、どうぞバトン持って行って下さい!^^

ちなみに我が家で減りが早いのは、一味&七味とうがらし。和食系のおかずによくふりかけています。やきとりにもとうがらしは欠かせません!(って、これ調味料?)

そういえばこの間中国人の女の子と話した時、「ごはんに生卵をかけて食べるのが信じられない」と言っていました。中国では卵を生で食べることがないみたいです。日本にやってきて初めは食べられなかったお刺身も食べられるようになったけど、卵かけごはんと納豆は無理!と言っていたのが印象に残りました。(じゃあ、すき焼きもダメなのかな。。。^^;)
[PR]
by minmin-cat | 2005-09-17 22:25 |
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
金魚2 Skin by Sun&Moon