のんびり中国語
minmincat.exblog.jp
中国語学習の記録あれこれ。最近はちょっとトーンダウン。。。
by minmin-cat
プロフィールを見る
画像一覧
ブログトップ
<   2005年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧
|
|
2005年 07月 31日 |
それにしても暑い・・・北海道にいて何を馬鹿な!と思われるかもしれませんが、暑いものは暑い!体がすっかり北海道仕様になっているので、30度にもなると、私にはもう耐え難いほどの猛暑なのです。そんなわけですっかりへばり気味。ああ今だけ冷房が欲しい・・・

こんな時に食べたくなるのがアイス。買い物に行くたびについつい手にとってしまいます。
そして懐かしく思い出すのが、台湾で食べたかき氷。今まで唯一足を踏み入れた中華圏が台湾なのですが、食べ物の美味しかったこと!ごはんもおやつも口に合うものばかりで、毎日バクバク食べまくっていました。暑い中歩き回っていると冷たいものが欲しくなりますが、その時買った飲み物やデザートの中でとても気に入ったのが、かき氷。
d0022349_06514.jpg
これは紅豆芋頭牛奶冰。豆とおイモがどっさりのっかっている。おいしいんだけど、あまりデザートって感じはしなかった。かなりお腹にたまります。



d0022349_093770.jpg

こちらは傅統刨冰。トッピングは好きなものを3つ選べと言われたので、仙草、タピオカ、杏仁を選んでみた。さっぱり風味。奥にあるのは三色豆花。豆花は今はコンビニでも簡単に買えるようになって嬉しい限り。




d0022349_0114019.jpg
そしてこれが一番のお気に入り、新鮮芒果冰沙。マンゴーの果肉がたっぷり入っています。上にはマンゴーアイスも!氷がさらさらしていて味、食感ともに最高!




こういうのって日本で売っても流行ると思うんだけどなあ。好きなトッピングをいろいろ選べるのって楽しいし。ああ、これを食べるためにだけでも、また台湾に行きたい…
[PR]
by minmin-cat | 2005-07-31 23:48 | |
2005年 07月 30日 |
中国电影のコーナーで紹介された、「about love/关于爱」。
これは東京・台北・上海を舞台にしたオムニバス映画で、言葉の通じない者同士の異文化コミュニケーションをテーマにしたラブストーリーなのだそうです。日・台・中の若手俳優が共演するこの映画、ブカレスト国際映画祭では作品賞・主演女優賞を受賞したとか。若い感性溢れる演技を期待したいところです。後はそれぞれの街の雰囲気の違いも味わいたい。
9/17より全国公開ということで、楽しみにしたいと思います。


第17課のキーフレーズは、
Kěyǐ zhàoxiàng ma
可以照相吗?(写真を撮ってもいいですか)

助動詞の「可以」は動詞の前に置いて、「~してもよい」という許可の意味になる。
可以座吗?(座ってもいいですか)
・可以/可以座。(いいです)
可以用一下吗?(ちょっと使ってもいいですか)
・在电影院里可以照相吗?(映画館の中で写真を撮ってもいいですか)

否定する時は、不 + 可以/能 + 動詞
可以照相吗?(写真を撮ってもいいですか)
不可以照相。(撮ってはいけません)
 (不能照相。)
・在电影院里不可以/不能照相。(映画館では写真を撮ってはいけません)

※答え方には「行(いいです)」、「不行(だめです)」という言い方もある。
※禁止表現について・・・「~するな」という禁止を表す時には、「不要」や「别」を使う。
・你不要打电话。(電話をかけないで下さい)
・在电车上(请)不要用手机。(電車内で携帯を使わないで下さい)
看。(見るな!)

番組の最後の方では美術に関する中国語がいくつか出てきましたが、美術といえば盧思さんですよね。たしかおととしの番組では盧思さんの描いた日本画が紹介されていました。個展を開くこともあるとか。是非一度見てみたい!
[PR]
2005年 07月 28日 |
前回の記事のコメントで、ぺりおさんが「おじいさん」という単語のアル化についてお話しして下さいましたが、「おじいさん(ただしここでは老头儿ではなく爷爷の方)」というと思い出す映画があります。
それが「變臉 この櫂に手をそえて(’96 中国・香港)」

時代はまだ中華民国の頃(らしい)。小舟を住処とし、町から町へと渡り歩く大道芸人のワン。彼の芸は一瞬のうちにお面を次から次へと取り替えていくもので、人は彼を「変面王」と呼ぶ。そんな彼の悩みは跡継ぎがいないこと。変面の芸は門外不出で、身内の男子にしか教えないものと決められていた。このままではこの素晴らしい芸も絶たれてしまう。そんな時、人身売買が行われている貧民窟で、ワンはある男の子に出会う。ワンを真っ直ぐ見つめる眼差し…彼は何か運命的なものを感じ、この子を「買う」のだ。そして、後継者とするべく大事に扱うのだが・・・

これ以上書くとネタばれになってしまうので控えますが、映画のラストで子供がワンを「爷爷~!!」と呼んですがるシーンはとても印象に残っています。いかにもという流れなんですが、まんまと泣かされてしまいました。

ストーリーは地味だし、人身売買や男尊女卑など時代的な問題も多々あるのですが、しみじみと心に残る良作だと思います。

そしてなんといってもポイントは、変面王をあの朱旭が演じていることでしょう。そう、大地の子で陸一心のお父さん役を演じた方です。人情味溢れるお父さん、おじいさんの役を演じたら天下一品な役者さんなのではないでしょうか。私はこの2作品ですっかり彼のファンになってしまいました。
彼が出演している「心の香り」もかなり気になっていまして、これも是非観てみようと思っています。
[PR]
by minmin-cat | 2005-07-28 08:23 | 映画 |
2005年 07月 25日 |
前回のテレビ中国語では、アル化について少し触れていました。

アル化といえば、小さい物や可愛らしい物につける、と聞いたことがあります。例えば「花儿」「小猫儿」とか。他にも動詞の語尾などいろいろつけるようですが、その規則性については私はよくわかりません。(何しろテレビでは人名もアル化してたし)
ただ、北方の人の方がアル化する傾向があるようです。私が最初に教わった先生は瀋陽の出身だったので、よくアル化していました。
そういえば先生の運転する車に乗せてもらった時、「オーライ、オーライ」と私が言うと「没事儿、没事儿」と言い直されましたっけ。

私はこのアル化って結構好きなのですが、どれにつけたらいいのかよく分かっていないので、自分ではなかなか使えないのが残念です。


さて、aminさんの「如果」の聴き取りですが、相変わらず「???」な状態です。
何度も繰り返し聞いたり、また人に聞いたりしながら歌詞を理解していきたいとは思っていますが、前途多難かも。。

ちなみに私にはこう聞こえています。
[PR]
by minmin-cat | 2005-07-25 23:12 | 発音 |
2005年 07月 23日 |
今週の中国漫遊のコーナーでは、北川えりさんが留学中に覚えた「辣拌萝卜」という料理を紹介してくれました。
料理は切って混ぜるだけの簡単なもの。ビールにも合いそうだし、ぜひ試してみたいです。
そして料理用語もいくつか出てきたのが興味深かったです。例えば、
先把红辣椒切成丝。(まず赤唐辛子を千切りにする)
把萝卜切成片儿。(大根を薄切りにする)
把萝卜拌一拌。(大根をかき混ぜる)

このように実際に作業をしながら中国語を言ってみたら覚えるのも楽しいかも。

中華料理は大勢でワイワイ作って食べるのが楽しい・・・私もそう思います。餃子パーティー、ぜひ私も混ざりたい!

そういえば数年前、赤井英和さんが中国で餃子作りの修行に励むという番組がありました。(ウルルンだったかな?)本場の職人さんの、餃子の皮作りの早業に驚いた記憶があります。そして、あの餃子専用の小さなめん棒が欲しいと思ったものでした(でもこちらでは探してもなかなか見つからない)。
中国の餃子にはにんにくが入っていないそうです。で、その代わりに餃子を食べながら生にんにくをかじるのだとか。この模様もテレビで見て、ぜひとも本場の店に行ったら試してみたい!と思いました。


第16課のキーフレーズは
xiān lái liǎng píng pí jiǔ、 yì bēi chéngzhī
先来两瓶啤酒、一杯橙汁。(まずビールを2本とオレンジジュースを1杯)

量詞について学習。日本でも物の数え方は色々あるが、中国語においても同様に様々な言い方がある。
語順は、数詞 + 量詞 + 名詞

〈例〉一书(1冊の本)     一雨伞(1本の傘)
   一猫(1匹の猫)     一衣服(1着の服)

铅笔(1本の鉛筆)・・・「枝」は固くて細長いものを数える時に使う。
邮票(1枚の切手)・・・「张」はペラペラの紙状のものを数える時に使う。
毛巾(1枚のタオル)・・・「条」は柔らかくて細長いもの。
筷子(1膳のはし)・・・「双」はペアになるもの。
肥皂(1つの石けん)・・・「块」は塊状のもの。

一条鱼。(魚を1匹ください)・・・「来」は注文する時に「下さい」の意味で使われる。
[PR]
2005年 07月 20日 |
今年度のテレビ中国語でaminさんが歌うテーマ曲『如果』の聴き取りに挑戦してみました。

4月に放送が始まり、メロディーはすぐに覚えたのですが、歌詞となるとなかなか・・・。大体意識して聴き取ろうとしたこともなかったし。
とりあえずピンインを書き取ってみようとしたのですが、出だしからさっぱり・・・の状態です。何度聴いてもわからないものはわからない。中国語耳への道はまだまだ険しいということが分かりました。

例えば出だしのフレーズ。私には「♪bu shang di yin~」と聞こえるのですが、ダンナ(以前、少し中国語をかじっていた)には「♪ruguo xiang di yin~」と聞こえるらしい。そう言われるとそういう気も・・・しないこともない。これ、どちらが合っているのでしょう?(あるいはどちらも間違っているかも・・)
一応自分なりに書き取ったものを載せてみようと思っていたのですが、こんな調子なのでとても恥ずかしくて載せられません。
もう少し聴き続けてみて、形になってきたら思い切って載せてみるかもしれません。どなたかこの曲の歌詞がお分かりになる方、教えていただけると嬉しいです。

ちなみにこの「如果」は9月にCDが発売されるそうなので、その時までに歌詞の意味がわかるようになっていたいです(CDはすでに買うつもりでいる)。
[PR]
by minmin-cat | 2005-07-20 01:10 | 発音 |
2005年 07月 19日 |
すっかり1週間遅れとなってしまった感のあるテレビ中国語。
今年度の陳先生は、放送回数を増すにつれどんどんきれいになっている感じがします。金子くんや熙寧くんのおかげかな?
ところで「羽根けり」っていうものを初めて見ました。羽根つきに使う羽根を大きくしたものを蹴る遊びのようです。なんだか中世貴族の遊び「蹴鞠」みたいだと思いました。

第15課のキーフレーズは
Nǐ huì kāichē ma
你会开车吗?(車を運転できますか)

今回は可能を言う表現について。助動詞の「会」は動詞の前に置かれ「~できる」という意味を表す。注:学習や訓練を通して技術を習得した「~できる」
会や能・・・いまだに使い分けがよくわかっていない。。
・我踢毽子。(私は羽根けりができます)
・你游泳。(あなたは泳げます)
・你画画儿。(あなたは絵を描くことができます)
・你打网球吗?(あなたはテニスができますか)

否定形は 不+会+動詞+目的語
反復疑問文での言い方は 会+不会+動詞+目的語+?
・你会不会打网球?(あなたはテニスができますか)
・我不会打网球。(できません)
・你会不会开车?(あなたは車の運転ができますか)
・我不会开车。(できません)

「少しだけできる」と答えたい時は、「会(+動詞)+一点儿」 
・你会说英语吗?(あなたは英語が話せますか)
・我会(说)一点儿。(少しだけ話せます)

***マダム盧思との会話より***
你会说英语吗?(あなたは英語を話せますか)
会一点儿。(少しだけ)
你会唱歌吗?(あなたは歌を歌えますか)
不会。(歌えません)
你会做菜吗?(料理はできますか)
怎么可能呢(冗談じゃないわよ)
[PR]
2005年 07月 17日 |
ここ数年、台湾で北海道が人気のようで、1年を通し大勢のツアー客がやってきています。私が住む市の観光案内所に行っても中国語(ただし繁体字)で書かれたパンフレットを見かけるようになりました。

d0022349_7571664.jpg昨日は富良野にラベンダーを見に行ってきたのですが、そこでも多くの中国語が飛び交っていました。

ヒアリングの練習になる!と思い耳をすませる私。一番よく聞こえてきたのはやはり「漂亮」という単語。しかしまとまった文としてはなかなか聞き取れず・・・当然ですが彼らの会話は教室での先生との会話よりずっと早口です。雰囲気でなんとなくわかった会話も。「あっちの花はなんていうの」「あの花が一番いいわね」・・・まあ、このような程度ですが。
あとは売店でじっくり品定めをしているお母さんに「ママー、そんなの見てないで早く行こうよー」とせかす子どもとか。こういう会話はどこに行っても同じなんですね。

せっかくのチャンスだしぜひ中国語で話しかけたい、と思っていたのですが、なかなかできずに終わってしまいました(先週も実は行ったのだが、やはりヒアリングだけに終わった)。限られた時間でいろいろ見ようと動き回っている人たちを捕まえて話しかけるのはなんだか申し訳なくて。
中には個人旅行なのかゆったりと花を観賞している人もいて、今こそ何か話そう!と思ったのですが、近づいてみると聞いたこともない言葉を話していたり(いったい何人だったのか・・)。

しかしまあ、これだけ多くの中華圏からの観光客が増えたということは、それだけ生の中国語に触れる機会も増えたということ。実践会話に活かすチャンスはなかなか巡ってこないけど、せめてヒアリングだけでも鍛えたいと思ったのでした。(もちろん景色はちゃんと楽しんできました)
[PR]
by minmin-cat | 2005-07-17 08:27 |
2005年 07月 14日 |
バトンシリーズ第3弾、今度はシネマバトンがやってきました。(ぺりおさん、謝謝!)
今までの中で一番悩みますが・・・ではいってみます。

1. 過去一年間で一番笑った映画
1年間、と限定されると難しいですねー。何しろここ最近は観る頻度が減ってきているので。とりあえず「天使にラブソングを」としておこうかな。テレビでよくやってるし。音楽ものはもともと好きなんだけど、これは観るととっても元気になれる。1、2ともに好き。

2. 過去一年間で一番泣いた映画
うーん、1年以上前になるような気もするけど・・・「ある愛の詩」にしておきましょう(たまたまテレビで観た)。基本的にラブ・ストーリーはあまり観ないのですが(^^;)身分違いの恋、そして悲恋ものとくれば涙しないわけにはいかないでしょう。音楽が素敵です。

3. 心の中の五つの映画
中国映画はあえてここでは外します。すみません。中国映画については今後追々書いていきたいと思いますので・・・

トリコロール3部作[青の愛/白の愛/赤の愛](’93~’94仏 クシシュトフ・キェシロフスキ監督)
フランス国旗の3色をモチーフに作られた映画。青は自由、白は平等 、赤は愛がテーマになっている。それぞれ色の使い方が素敵。赤、青、白の順に好き。「赤の愛」のイレーヌ・ジャコブの透明な美しさが特に印象に残った。

シャイニング(’80英 スタンリー・キューブリック監督)
スティーヴン・キングものではこれが一番お気に入り。夜中にたまたま観て目が離せなくなってしまった。ジャック・ニコルソンもコワイけど奥さん役の人の顔の方がもっと怖かったりして。
「レッドラム(REDRUM)」が忘れられない。映像の1つ1つがとても怖いんだけど芸術的。これを観てキューブリック監督はただものではないと思った。(でもその割に「2001年宇宙の旅」はまだ観てない)

鳥(’63米 アルフレッド・ヒッチコック監督)
スリラーの帝王ヒッチコック。数ある名作の中からここでは「鳥」をピックアップ。今観るとちゃちな技術だらけにも思えるんだけど、それでもじゅうぶん怖いのは演出がうまいからなのでしょう。ジャングルジムに鳥が集まるシーンはぞーっとする。全然本筋と関係ないけど、買った鳥を運ぶ時、鳥かごの鳥が車に揺られて右に左に傾くのがカワイイ。(このシーンがテレビ放送でカットされてた時はショックだった)

羊たちの沈黙(’91米 ジョナサン・デミ監督)
ジョディ・フォスターとアンソニー・ホプキンスの演技が見事というしかない。クラリスとレクター博士はこの2人以外に考えられない。(ジュリアン・ムーアごめんなさい)
アカデミー賞で作品・監督・主演女優・主演男優と制した作品って他にもあるのかな?ポスターの蛾の模様がコワイ。しかもあれ、裸の人で作られていたんだよね。。

イル・ポスティーノ(’95伊 マイケル・ラドフォード監督)
イタリアの小さな島を舞台にした、ほのぼのとしたストーリー。素朴な郵便配達の青年と有名詩人との交流をあたたかく描いている。とにかく映像がきれい。風景がきれいで音楽もいい。こういう雰囲気のってハリウッド映画にはなかなかないのでは。主演のマッシモ・トロイージが撮影終了後に亡くなったことを知っていたので、ラストはもう涙、涙でした。

4. 観たい映画
観たいものは数多くありますが、この夏スクリーンで観たいのはSW「エピソード3」

5. 次の人につないでいく(ブログ限定)
今までバトンパスは遠慮してきましたが、今回は思い切ってお願いしてみようと思います。
あみの中国語ブログ』のあみさま
アジア言語を楽しむブログ』のyunaさま
中国語学習中~~』のliuliuさま
勝手に選んでしまってすみません。もしよろしければ、お願いいたします。
[PR]
by minmin-cat | 2005-07-14 10:21 | 映画 |
2005年 07月 11日 |
夕ごはんを食べながらテレビを見ていたら、記憶の達人なる女性が登場していて、思わず目が釘付けになりました。歴代アメリカ大統領の名前や寅さんシリーズのタイトルやヒロイン名を正確に言うことができるのです。その覚え方もなんだかストーリーのようになっていて面白い。1つの物を別の物事と関連づけて覚えているので、思い出す時はきっと頭の中に言葉ではなくイメージがパッと浮かぶのでしょう。ただブツブツ念仏のように唱えて覚えるやり方よりずっと効率的だと思います。

そして更にすごいのは、この女性が70歳を過ぎた方だということ。脳年齢というものが測定されていましたが、なんと30代なんだそうです。この方は今も現役で仕事をされているバリバリのキャリアウーマンで、通勤風景も紹介されていましたが、パンツスーツ姿で颯爽と歩く姿はとても70を超しているようには見えません。さらに電車の中では韓国の音楽を聞きながらミステリーを読んでいる。常に脳みそフル回転という感じです。
見た目も若々しい。きちんとお化粧をしていて服装もおしゃれ。背筋をピンと伸ばしながらはきはきと話す姿がとても印象に残りました。

このような方を見ていると、普段から忘れっぽく、なかなか勉強が進まない自分が恥ずかしくなってきます。とても年のせい・・・なんて言い訳はききませんね。私もあんな70歳の女性にならなってみたい。そのためには毎日脳を鍛えることが大切なんだなあと。。それに日々の過ごし方も脳に影響を与えるんでしょうね。だらだら過ごしていたら早々に退化していくだけだわ・・・

          *

さて、またまた遅くなりましたが、先週放送のテレビ中国語。

第14課のキーフレーズは、
Chī le hěn duō jiǎozi
吃了很多饺子。(ギョーザをたくさん食べました)

今回も、「了」について学習。動作の完了を表す「了」について。
1.語順は、主語+[動詞+了]+修飾語+目的語 となる。
  「了」は、動詞の直後に置かれる。目的語は「一个」や「很多」などのような修飾語と共に用いられる。
我买三个橘子。(私はミカンを3個買いました)
我买一个桃儿。(私は桃を1個買いました)
我吃一个橘子。(私はミカンを1個食べました)
我吃一个西红柿。(私はトマトを1個食べました)

2.否定形には「没」を使う。この時動詞の後には「了」を用いない。
没有买饺子。(私はギョーザを買わなかった)
[PR]
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
金魚2 Skin by Sun&Moon