のんびり中国語
minmincat.exblog.jp
中国語学習の記録あれこれ。最近はちょっとトーンダウン。。。
by minmin-cat
プロフィールを見る
画像一覧
ブログトップ
この秋のドラマ(日本)
2006年 12月 06日 |
普段あまりドラマは見ないのですが、この秋は結構見ています。
あまり重いテーマのものは苦手、テンポよく楽しく見られるものが好きです。

水手服和机关枪(セーラー服と機関銃)
子供の頃、薬師丸ひろ子主演の映画版が大ヒットしていましたが、そちらは見たことがありません。原作もしかり。両方見た人によると、ドラマの方がコメディタッチが強いとか。私の周りでは、映画版の方が好きという人が多いようです。それはぜひ見比べてみないと。
ちなみにドラマにはすごくなまった刑事さんが登場してきて、彼のセリフにはいちいち字幕が付くのですが、「なんで~?」と不思議でした。だってちゃんと理解できるのに・・・と思って旦那に聞いてみたら、「何言ってるのかさっぱりわからん!」だそう。どうやらあの刑事さんは、私と同郷のようだ。。。

交响情人梦(のだめカンタービレ)
音大が舞台のクラシックコメディー(?)。音楽ものは、やっぱり見ていて楽しい。普段聞かないクラシックも、ドラマを見てるとその世界にじっくりひたりたくなってきます。
私は昔から大勢で合奏することに憧れていて、小学校の高学年になったら絶対吹奏楽部に入るんだ!・・・と思っていたのに、気づいたらバスケ部に入っていました。中学こそは!と思っていたら、今度は何を血迷ったか剣道部へ。高校にも吹奏楽部はあったけど、もう素人が入れるような雰囲気ではありませんでした(-_-;)
ちなみに子供の頃見た音楽ドラマで印象に残っているのは「少女に何が起こったか」。いろんな意味でインパクトの強いドラマでした。ショパンの「革命」という曲を最初に知ったのもあのドラマ。ああいう激しい曲が弾けたら気持ちいいだろうなあ~。
[PR]
by minmin-cat | 2006-12-06 13:56 |
<< 3級・空欄補充問題(第32回) ページトップ フィギュアスケート >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
金魚2 Skin by Sun&Moon